通販ショップで和装を揃える際の注意点

インターネットが普及し、着物もオンラインショップから気軽に購入できるようになりました。本来は反物を選び、自分の寸法を測り、自分のサイズでお仕立てするのが着物ですが、既製品が増えてそうした手間も必要なくなりました。着物は着付けの時に補正が出来るため、既製品でも洋服ほどにサイズが合わないという事もあまりありません。また和装の場合、着物や帯以外でも肌着やじゅばん、帯締め、足袋や草履、バッグなど必要な小物がたくさんありますが、通販ですべて一度に揃える事が出来るのが嬉しいところです。実店舗よりオンラインショップで揃える方が種類も豊富でまたお値段も安価で済むという嬉しい利点もあります。着物の色と柄が写真と実物で想像と違っている事がありますから、そこは注意が必要です。

通販で反物から購入できるところもある

オンラインショップで着物を購入する場合、既製品がほとんどですが、中には反物から購入できるネットショップもあります。
地方の有名な織元が運営するオンラインショップで伝統の紬や友禅を扱っているお店もありますが、もちろんお値段は跳ね上がります。またそれ以外では有名な木綿の着物を反物で購入も可能です。デパートなどで呉服屋さんを通して購入すると高価になってしまう有名な木綿も、織元さんから購入すればだいぶ変わります。またお仕立てを別料金で同じお店でお願いできるところも多いですが、自分でサイズを測って伝えなければならないので少しハードルが高くなってしまいます。
お仕立てを別に頼めるようであれば、この場合は反物だけ購入してお仕立ては別に依頼しましょう。また、この機会に和裁を習って自分で仕立てるという方法もあります。ショップによっては身頃や袖部分をカットして手軽に和裁ができるようなサービスをしてくれるところもあります。

通販で揃えられる和装小物あれこれ

オンラインショップで揃えられる和装は、着物だけではありません。肌着やじゅばん、帯締め帯揚げ、半衿など必要な小物がほとんど買い揃えられます。小物以外でも、冬なら着物用のコートやショールも購入できます。着物の袖は長いですが、袖口が広く風を通しやすいので、冬場は腕が寒くなりがちです。そのため、着物用のロングサイズの手袋も販売されています。肘より上の部分まで届くサイズなので冬場でも快適に着物生活を楽しめます。
また帯も名古屋帯、袋帯、丸帯などオンラインショップで販売されています。また実店舗より、個性的でデザイン性の高い帯が販売されている事が多いです。素材もポリエステルで出来ているものが多いため、汚れを気にせず着用できます。もちろん締めやすさは正絹の方が優れていますが、何度か使用しているうちに、ポリエステルでも正絹でも同じように着付け出来る様になります。

お仕立て上がり訪問着は5万8千円からです。 着物を愛するファンのお客様に喜んでいだだくばかりでなく、仕入先の問屋、染め物屋、織屋さんにも好評の実績があるお店です。 1年以上経過した場合は、お仕立てご依頼前にメールまたはお電話にてお問合せ下さい。 常時1万2千点を超える品揃え、総勢10名のバイヤーによる仕入れ力があります。 京都発の和装通販